2018モデルTrinityブーツ評価会:「Next White 125」評価詳細

各評価者の詳しい評価内容

ランキングを決めるに当たり、各ブーツの評価項目を1〜5の点数付けし、さらに評価するに当たってのポイントを紙に書いてもらいました。
その「Next White 125」に関する評価内容を評価者別に公開します。
タイプの異なるスケーターが、それぞれどこに注目し、良し悪しの判断をしているのか具体的に分かると思います。

評価項目について

履き心地
感覚:足入れ感、フィット感、かかと浮き、重量感など
パーツ:ブーツのパッド(ウレタンの質、配置)、ブーツ(インナー、シェル、総重量)など

操作性
感覚:滑りやすさ、レスポンス、安定感など
パーツ:ブーツ(剛性)、フレーム(剛性、精度)など

スピード
感覚:加速、速度維持など
パーツ:ブーツのソール(剛性)、フレーム(剛性、精度)、ベアリング(精度、潤滑油)、ウィール(硬度、転がり抵抗)など

カスタマイズ
パーツ:フレーム位置調整、カフ調整、シェル調整、ロッカリングの可否、熱成形の可否、各種パーツ交換の容易さなど

コスパ
価格に対してのスペックや品質の評価

★の数
1〜5(★が多い方が優れている)

評価者別の評価詳細

3人それぞれの詳しい評価内容です。

篠田の評価

  • 履き心地   ★★★★
  • 操作性    ★★★★
  • スピード   ★★★★
  • カスタマイズ ★★★★
  • コスパ    ★★★

● Good
足通し良。
大きなサイズながら(編注:Next 125は他ブーツより約1サイズ大きかった)、くるぶしとかかとのホールド性が高かった。
ハードブーツは挙動が穏やかで、操作性が高い。
BIG 3WD(大径ウィール3輪)には適したブーツ。

● No Good
おそらくフレームのセッティングが少しでも狂うと、途端に乗りにくさが出るのではないか。
やや後方に重心が移りやすい。
ブーツ剛性が高いので、ローカフでも良いのでは(インラインアルペンなら良いか……)?

安井の評価

  • 履き心地   ★★★★
  • 操作性    ★★★★
  • スピード   ★★★★
  • カスタマイズ ★★★★
  • コスパ    ★★★★★

最もベーシックなポリウレタンシェルは可もなく不可もなく、履く人を選ばない。
コストパフォーマンスも高く、お得。
クルージング、高速(ダウンヒル)、街乗り(パワーブレーディングやフリースケート)と、スラローム以外で使える。
オールラウンド性も魅力。
カント調整もできるので、インラインスキーにもおすすめ。
ただ、もし自分で購入するなら、3×100モデルを買うと思う。
3×125は小回りが利かず、直線番長過ぎ。

高田の評価

  • 履き心地   ★★
  • 操作性    ★★★
  • スピード   ★★★★
  • カスタマイズ ★★★★★
  • コスパ    ★★★★

ハードブーツだけあって、足首周りなどサポート力が十分あり、しっかりダッシュができるし、ジャンプの着地なども安心。
シェルの硬さは、硬すぎず、柔らかすぎずという、ちょうどいい感じ。
KazeやSwellと違って、フレームの真上に乗れるフレーム取り付け位置は良い。
全てのパーツが交換できるので、カスタマイズ性はかなり高い。
インナーが少し薄いので、きつく締めると足が痛くなるかも……。
ダメージを気にせずガシガシ滑り回るのに適したスペックと価格!
フレームとウィールを3×90や4×80に取り替えると、スラロームにも対応可能なはず。

他の評価ページ